Ameba検索を使った方法とグルっぽ検索を使った方法の2通りの読者登録する相手を探す方法を前回までにご説明いたしました。さて、いずれの方法にしても検索結果で表示されたアメブロユーザーを全て読者登録するのかと言うとそうではありません。

効率よく集客するために、ユーザーをよく見てしっかり取捨選択するようにしましょう。


読者登録先候補のユーザーさんのブログの最終更新日を確認しよう!

ユーザーさんのブログの最終更新日を確認しよう。
ブログの最終更新日が何か月も前であった場合、そのユーザーはアメブロから離れていて更新していない可能性が高いです。
1ヶ月に1度くらいはログインするかも知れませんが、それでもあまりログインしない人よりも、活発にアクティブに活動をしている人に読者登録をした方がいいので、せめて1ヶ月以内に更新している人を読者登録するようにしましょう。
この辺の条件は、もっともっと厳しくして、例えば3日以内に更新している人と条件を付けた方が、読者登録の質は上がります。一方で、読者登録先候補のリストがあまり見つからない場合は、あまり極端に厳しい条件にすると読者登録する先が見つからないという事につながる恐れがあります。

読者登録先候補がたくさん見つかるなら厳しい条件でもOK。
読者登録先候補があまり見つからないようなら2週間以内の更新程度にしておいてください。


相手をよく確認しよう!

Ameba検索やグルっぽ検索 の検索結果で抽出されたユーザーの中には、こちらが思っているのと属性の異なるユーザーが混じっている場合があります。

売りたい商材がダイエット商材を例とした場合「ダイエット」のキーワードなどでAmeba検索やグルっぽ検索で検索します。
見込み客となるようなユーザーはもちろんたくさんいますが、中には同業者つまり同じくダイエット商材を販売するつもりのユーザーが混じっていたりするのです。


こう言ったユーザーは読者登録は不要です。
ブログの内容やプロフィールを見ればだんだんと分かるようになるので、見極められるようになっていきましょう。



好き嫌いで選んじゃえ!

「ブログの文章の書き方がなんかウザイ!」 とか 「プロフィールの写真が嫌い!」とか、もうそんな理由でもいいですよ。
なんか好きになれないのに、わざわざこちらから読者登録する必要はないんで、なんか嫌い!って場合は飛ばしてしまいましょう!!