メルマガなんて誰も読まないでしょ、きょうび?

こんな風に言うネットショップの店長さんも多いんですが、これはハッキリ言ってしまえば勘違いです。

まぁ読まれないというか読むに値しないメルマガが多いので、そういったものは誰も読みませんが、今も昔もインターネットにおけるビジネスでメルマガを超えるメディアって、まだ出てきていないんじゃないでしょうか。


それくらいメルマガって強烈なツールなんです。

読まれるメルマガと読まれないメルマガ

世の中には2種類のメルマガがあります。
1つは人に読まれるメルマガで、もう一つは読まれないメルマガです。

読まれるメルマガと読まれないメルマガの違いは一体何なんでしょうか。


読まれないメルマガは、非常に分かりやすいです。
それはショップが商品を売り込みたい時だけ送るメルマガです。

  • 新商品を入荷しました!
  • セールを開催中です!
  • こんな商品がおススメです。
こんな内容だけのメルマガって、ハッキリ言ってショップにとって都合がいいメルマガですよね。 もちろんあなたのショップの新商品やセールの開催を楽しみにしているお客さんはいると思うので、こう言った売込みメールを送ってはいけないというわけではないありません。


ただね。こういう売込みのメルマガって他のショップでもたいていやっているじゃないですか。
お客さんももうウンザリなんですよ。
「あー。また売込みね。ハイハイ。スルーする←(駄洒落)」

こんな風に思うお客さんが大半ですから、メルマガなんて誰も読まないでしょ?という風に思ってしまいメルマガをやらないショップさんが増えて来るんです。


何を書けば読まれるメルマガとなるのか?

読まれるメルマガとなりうるには、まずはメルマガで送る内容はコンテンツであるという意識が必要です。

テレビ番組とテレビCMの関係で例えて言うなら、新商品やセールのお知らせはテレビCMのポジションです。読まれないメルマガっていうのはテレビ番組の部分がないから読まれないんです。

つまり魅力的なコンテンツを作ることが読まれるメルマガとなる必須条件です。


メルマガで書く内容の例

以前私は紳士服の販売員をサラリーマンでやっていたことがあります。
その時にお客さんによく聞かれたのが「Yシャツとネクタイの組み合わせ」です。非常によく聞かれる質問でしたので、私も先輩に教わり、それを御客さんに教えていました。

ちなみにその質問に対する回答は同系色なら間違いナシ。という非常にシンプルなモノです。非常にシンプルな回答ですがお客さんは「確かにこれならあうね。さすがプロは違う!」みたいに喜んでいただく事が多かったです。


こう言った情報って、売り手としては当たり前であっても、買い手にとっては新鮮で有意義な情報であったりするのです。


ですから、もしあなたが紳士服のネットショップを運営しているなら、メルマガで新商品の紹介やセールの案内ばかり送るのではなくて、「ネクタイの組み合わせ方」をコンテンツとして送ってあげた方が、お客さんは喜んで読んでくれるのです。


「おおー。これ知りたかったの。役に立つね」と思ってもらう事ができたらしめたものです。当日のメールの最後に「セール開催中」のお知らせをテレビCMのように挟み込めば、お客さんはご来店してくれるという事なんです。



まとめ

いかがでしたか?
読まれないメルマガがなぜ読まれないかをテレビとテレビCMの関係に当てはめてみると、非常によく分かると思います。テレビCMばかり垂れ流してるチャンネルを見る人はいませんからね。


メルマガなんて今日び誰も読まないなんてことは本当にありませんし、むしろメルマガの攻略がネットショップ攻略の肝となるので、必ずメルマガは運営するようにしてくださいね。