ネットショップを開業する時に注意しなくてはいけないのが独自ドメインをどうするかって事。
ネットショップってホームページですから商品名や商品価格、商品の情報等必要に応じてどんな事でも大抵の事は簡単に変更ができます。
しかしドメインに関してはすぐには変更できませんし変更するにはかなりの労力が伴いますから最初からしっかり理解してドメインを決めましょうね。

独自ドメインとは?

ドメインというのはネットショップ等ホームページがもつインターネット上の住所のようなものです。
例えば

  • ヤフーならhttp://yahoo.co.jp
  • アメブロならhttp://ameblo.jp/

とドメインが決まっていてよっぽどことがなければこのドメインは変わりません。

ドメインの中には独自ドメインと共有ドメインの2種類があります。
独自ドメインとはhttp://●●●.comのように独自で所有するドメインで他社と共有する事はありません。

一方で、例えばカラーミーショップで共有ドメインを使う場合ははhttp://●●●.shop-pro.jpのようになります。
shop-pro.jpの部分は他社さんと共有です。


結論から言えばネットショップを開業する際は可能な限り独自ドメインを取得してください
独自ドメインの取得に関しては「いつかでいいや」では済ませんのでネットショップ開業時点で必ず取得が必要です。

独自ドメインのメリットデメリット

独自ドメインのメリットはショッピングカートやサーバーを引越しする際に大きく出ます。
独自ドメインの場合はショッピングカートやサーバーを引越ししても独自ドメインを変更する必要がありません。
一方で共有ドメインとは通常ショッピングカートやレンタルサーバーが取得したドメインを共有として貸し出している事が多いので、引っ越しに伴いドメインの変更を余儀なくされることが多いのです。
なので長期スパンで考えると独自ドメインを使う方が圧倒的に有利です。


ただし独自ドメインを使う事でデメリットもあります。
それは独自ドメインは取得後からコンテンツを作り始めるためドメインの歴史が浅く検索エンジンから高い評価を受けるのに時間がかかるという事です。
つまり独自ドメインは初期の頃は検索エンジンで上位表示しにくいという事が言えます。


その点共有ドメインでは、既に歴史のあるドメインを間借りする事になるので、ある程度検索エンジンでも上位表示がされやすい状態であると言えます。その利点を踏まえてもやはり引越しの際のドメイン変更は痛いので例外を除いては独自ドメインを利用してネットショップを開業するようにしてくださいね。

独自ドメイン取得ができない場合がある。

・・とここまで独自ドメインを取得する事をおススメしておりますが、 実はネットショップを運営する場合に独自ドメインが取得できない場合もあるんです。

例えば楽天市場での出店の場合は必ず共有ドメインとなりますので独自ドメインの利用は不可です。
この場合は仕方ありません。独自ドメインを取得できませんから、万一の引っ越しの際はドメインが変わるという事を理解したうえでネットショップを運営してください

独自ドメインの取得する方法は?

独自ドメインを取得するには 独自ドメイン取得する専用のサービスがあるのでそちらを利用してください。
個人的にはムームードメインがおススメです。

またショッピングカートのサービスで、独自ドメインを無料で使えるサービスが適用される事もあります。
カラーミーショップでも契約者は無料で独自ドメインを一個プレゼントでしたので、適用される場合はそちらを利用すればOKです。
スポンサードリンク