今回は価格設定についてのお話しとなります。
一般的には町の電気屋さんが一番高くて、家電製品量販店は真ん中。でamazonが一番安い、というような価格設定となります。


なぜ、同じ商品なのに店の形態や各店舗で価格が違うのか?それは販売店が自由に価格を決めることができるからですね。
我々ネットショップの運営者も、大抵の場合は商品の価格を自由に設定する事ができます



私を含めおそらくこの記事を読んでいるあなたも規模の小さいビジネスをされていると思います。
では、我々のような弱小企業では、どんな価格設定にするのが理想なのでしょうか。


結論を先に言いますが
我々のような弱小企業は、高価格設定にて商品販売を行うべきです。

これは小規模事業のショップさんにとってすごく大事な事ですが、多くのネットショップさんはできていません。
家電製品で言えば、amazonのような低価格設定ではなく町の電気屋さんのような高価格設定を目指すべきです。


低価格路線で商品を提供する大企業は多いですよね。衣料品のユニクロや、牛丼のチェーン吉野家、ワタミフードなんかもそうですよね。彼らはなぜ低価格路線での商品提供が可能なのか?
それは会社規模が大きいからですよね。 人件費の安い国外で生産工場を設けたり、大量に仕入れする事で仕入れ元との大胆な価格交渉が可能です。大企業だからこそできる低価格路線なのですね。


一方、我々のような個人や社員数名の小規模企業は、 このような低価格路線に立ち向かってはいけません。低価格路線に舵を切った場合、図らずとも、競合他社との安売り合戦への参戦に引き込まれ、いずれ利益の出ないたたき売りへと向かいます。


特殊な例は別として、通常我々弱小企業が設定する価格は低価格ではなく高価格であるべきなのです。
*特殊な例とは例えば他社と比較して圧倒的に安価に仕入れる事が出来るルートを独占している場合等。



「前に比べて売れなくなった!」
 ↓
「どうやら競合ショップがうちより安い値段をつけているようだ」
 ↓
「うちも負けずに価格を下げよう!」

という安直な流れになってしまってはいけません。

では、価格競争ではなくどうすればいいのか?

消費者の中には 一定数の「何がなんでも一番安い所で購入したい」という人がいます。
逆に言えば「何がなんでも一番安い所で購入したい」 人ばかりでもありません。
金額以外のところで判断するタイプの人は何を持って商品を買うか買わないかを判断するかというと付加価値です。


付加価値は、本来の商品の価値以上に価値を発生させることです。
我々小規模事業のネットショップで戦う場合は、価格競争で戦うのではなく付加価値で戦うべきなのです。


ではこの付加価値について、どうすれば付加価値を高めることができるのかについては、また別の機会にお話したいと思います。

まとめ

今回お話しした内容で最も大事なのは、 小規模事業のネットショップは高価格にて商品を販売するべきであるという点です。
価格競争に巻き込まれそうになった場合は、価格競争には参加せず商品の付加価値を努める事が非常に大事な点です。