今回は簡単に取り組めるネットショップの販売戦略についてお話ししてみます。
ショップの商品を試してもらえるお試し商品を作ってみましょう。

お試し商品を作る理由は?

お試し商品を作る理由は以下の2つです。
・購入障壁を下げることによる顧客リストを取得
・消費者が購入経験をする事で消費者とショップとの距離を縮める


顧客リストを獲得

お試し商品を購入してくれたお客さんは顧客リストとして個人データがショップに残ります。ショップはその後メルマガを発行するなどして、セールスを行っていけますから顧客リストを獲得するというのは非常に重要な事なのです。


お客さんとの距離を縮める

お客さんにとっては、ネットショップでなくても初めてのお店での買い物は何処か不安があります。「思わぬ金額を要求されたらどうしよう?」とか「怖い人だったらイヤだな」とか。
ネットショップはご存じの通り顔の見えない取引を行いますから初めてのショップでのお買い物をするお客さんの不安はさらに大きいでしょう。
つまりショップとお客さんとの間にはとても距離がある状態です。


ですからお客さんの立場に立ってみれば、初めてのショップでいきなり「3万円の商品を買ってください」と言われてもなかなか購入には結びつきません。
そこで、お試し商品の登場なわけですね。


「初めてのショップだから3万円の商品を購入するのはちょっと怖いけど3000円のお試し商品なら買ってみるか。」という発想に至る事は容易に想像できますよね。お試し商品を提供する事で、お客さんは小さなリスクで商品だけでなくショップをお試しする事ができるわけです。
これがコツです。



お試し商品の取引が正常に行えばお客さんの心の中に「このショップは大丈夫」や「この商品は使えるね」などと安心感が芽生え、ショップとお客さんの距離が縮むのです。

お試し商品はどんな商品がいいか?

お試し商品でお客さんにがっかりされてしまったら元も子もありませんから自信のある商品をお試し商品に選ぶ事は当然です。


単価が低すぎる商品はNGでは客単価が1万円以上を目指しましょうとお伝えしていますが、お試し商品に関しては例外です。
より多くのお客さんにお試しをして頂いて多くの顧客リストを獲得できるように、できるだけ低価格で提供した方がいいでしょう。

価格設定は、仕入れ価格=販売価格位で設定されるのが望ましいと思います。

まとめ

ネットショップの販売戦略の1つとしてお試し商品の導入をご提案させていただきました。
お客さんが初めてのショップで購入するには不安は付き物。リスクをできるだけ小さくして購入しやすい環境を作って上げる事で売上アップにつながるんですね。ネットショップ販売のコツの1つとして覚えておいてくださいね。