あなたはご存知ですか?あまり知られていませんがネットショップでの商品を注文する時、商品を購入するまでに必要なクリック数が多いと購買率は下がり、結果的に売上がさがります


Aさんはネットショップである商品を気に入りました。購入意思が高まりつつありますが、商品購入者のレビューを見たかったのでレビューを探しました。別ページでレビュー情報が掲載していました。レビューでの評価もよかったので、いよいよ購入を決意しますが、次に送料がいくらなのか、決済方法は何があるのか気になりました。そこで調べたところ「配送と決済について」というページが見つかりましたので該当ページに訪れ調べました。


いよいよ購入するぞっと意気込むのですが「万一、商品に不良品があった場合の、ショップの対応はどうなるのか」調べてみましたがなかなかその情報ページにたどり着けませんでした。しかもページを回遊している間に元々注文するつもりだった商品ページを消してしまい、テンションがダダ下がり。購入を諦めてしまいました


実はこういう事ってよくあります。 商品を買うのにいろんなページを探し回らないと必要な情報が得られない。このような状態ですと注文までが面倒で途中であきらめてしまうお客さんは実に多いのです。


理想は1ページで完結で購入ボタン

途中でお客さんがどこかに迷子になってしまわれないようにやるべき理想のページ作りは1ページ完結型です。


商品レビューや送料や決済方法について、それから返品交換に関する情報までも、全て商品詳細ページに掲載していあるのが望ましいです。

カラーミーショップの場合は?

カラーミーショップは、HTMLやCSSの知識がないと少々難しいのですが、商品詳細のテンプレートのフッターに、商品購入に必要な情報を全て掲載するようカスタマイズを行う事を推奨しております。

HTMLがわかる方は是非やってみてくださいね。

必要なクリックが売上が下がる法則のまとめ

  • 商品を購入するまでに、必要なクリック数が多いとその分購買率が下がり売上が下がる
  • 1ページで商品購入に必要な情報が全て揃うよう、1ページ完結型の商品ページを推奨
  • カラーミーショップでは商品詳細ページのテンプレートでカスタマイズを行うと1ページ完結型の商品ページを作ることができますが、HTMLの知識が必要なため少々難易度が高い。