実店舗の商品販売とは異なりネットショップではお客さんが商品を直に手に取ってみることができません。
そのため商品の魅力を伝えるには商品写真が非常に重要な役割を果たします。

商品写真の役割

商品の魅力を伝える

言葉でいくら「この洋服は可愛いですよ。」「この牛肉は最高ですよ。」と書いたところで、言葉での説明が商品写真に優る事はありません
  • 「この服可愛い。欲しい!!」
  • 「うわーこの肉うまそ~。」
  • 「可愛いーこのバッグ欲しい!」
このようにお客さんはその場で商品に触れることはできませんが、お客さんに商品の魅力を視覚的に伝えることは商品写真の大きな役目の1つです。

当然の話ですが、美味しい商品はおいしそうな写真に撮影しなくてはいけませんし、可愛い洋服なら可愛いく見えるように写真を撮影をしなくてはいけません。

  • 「不味そうだな、この肉」
  • 「全然可愛くない。こんな服着たくないわー」
とお客さんに思われるような写真なら、むしろ撮らない方がマシかも知れませんね(笑)。


商品を細部まで見せ説明する役割

商品写真の役割は魅力を伝えるだけではありません。
  • 「パッケージってどんな風になっているのかな?」
  • 「このアクセサリーって裏側のデザインはどんな感じ?」
  • 「バッグの内側ってどんなデザインになっているの?」

特にファッション関係の商品で言えることですが実店舗で商品を購入する際は、商品を手に取ってパッケージや裏側内側まで確認しますよね。

ネットショップでは商品を手に取る事ができないので、商品写真はお客さんが実店舗にいるかのごとく商品を細部まで見せる役割を果たす必要があるのです。


実はこの商品の細部を見せる写真を撮影しないショップさんは意外と多いです。
「正面からの写真が一番可愛いからそれだけでいいでしょ?」というのはショップ側の都合です。

実際に商品を使う人は、裏側や内側も含めて購入を検討するわけですから、例え裏側内側のデザインがいま一つだったとしても裏側内側の写真も絶対に必要です。
ここは手をぬくショップさんも多いので、手を抜かないでしっかりやる事で他のショップとの差別化ができます。

特に商品のデザインが重視されるファッション関連商品や、インテリアや雑貨等は商品写真が購入の決め手となりえます。


メーカーから質の高い商品写真を入手できることも多いのですが、 その写真は他の小売店も同じ商品写真を使っているため、ショップの独自性とはなりません。面倒ではありますがあなたの取り扱う商品がデザインが重視されるファッション関連商品や、インテリアや雑貨等の場合は、自身で撮影されるのが最も好ましいでしょう。


つまり写真の撮影技術も少しずつでいいので腕を上げていく必要があります。

ネットショップの商品写真についてのまとめ

  • 商品写真には商品の魅力をお客さんに伝える役割がある
  • 商品写真には商品の細部まで見せ説明する役割がある