お客さんの立場にたって考えるとネットショップで商品を注文する際に送料がかかるというのはどうもイヤなもんらしいです^^

まぁ実際、どこかに買い物行くためには自動車や電車使って時間をかけていくわけですから時給換算すると数百円では済まないと思います。それを配達業者さんが自宅まで運んでくれるワケですから、送料はお客さんが負担してしかるべきだと考えています。

ただその考えを多くの消費者が受けれ難いのも現実。
そこで今回はネットショップにおける送料無料ってどんな効果があるのかについての考えてみたいと思います。


お客さんは、送料無料が大好きです

ネットショップのアクセス解析を見ていると気づくのが検索キーワードで
「商品名+送料無料
のキーワードで検索している人が非常に多いという事。

どうやらお客さんは送料無料が大好きのようです。

つまり単純な話ですが同じ商品なら送料が有料よりも送料が無料の方が圧倒的に売りやすいという効果があるのです。


しかしだからと言って全商品送料無料とするのは、ちょっとショップ側としても負担が大きすぎて厳しいのではないでしょうか。

妥当な落としどころ

送料無料がお客さんは好きな事は分かっていても、全商品送料無料はショップ的に負担が大きすぎて厳しい。

このような場合の妥当な落としどころが、
●●●円以上お買い上げで送料無料
ですね。

このように設定しておくと、消費者は送料無料にするためにまとめ買いや、ついで買いをしてくれるでしょうし、ショップとしても客単価を上げる事ができます。


以下はカラーミーショップを例にしておりますが、●●円以上のお買い上げの際に送料が無料となる設定を示しております。
カラーミーショップ以外にもこう言った●●円以上お買い上げの際に送料が無料となる設定が可能なショッピングカートはたくさんあるので是非お使いのショッピングカートでも調べてみてくださいね。

送料無料ルールをしっかりアピールしよう!

例えば10000円以上お買い上げで送料無料というルールをショッピングカート上で設定していたとしても それにお客さんが気づかなかったら、意味がありません。


ヘッダー等の目立つ位置に「10000円以上お買い上げで送料無料!」等としっかりアピールするようにしてくださいね。

あと、多くのネットショップさんがやっていないのは、単品で購入した場合に送料無料になる商品の商品ページでそれをアピールするという事です。


例えば、10,000円以上お買い上げで送料無料の設定にしている場合、単品で10,000円以上の商品は無条件で送料無料となるわけです。
この場合商品ページの商品名や商品説明の個所に「送料無料」という事をしっかりアピールするべきであるという事ですね。


細かい事なんですが、ネットショップではこう言う細かい事を積み上げていく事が大事です。

送料無料の考え方

  • 消費者は送料無料が好き
  • どんな商品も送料無料とするのはショップとしても負担が大きすぎる
  • ●●●円以上送料無料とするのが妥当な落としどころだと思う
  • 送料無料に関してはお客さんが理解できるように、しっかりアピールしていこう!