ハンドメイドでネットショップ開業販売方法!

インターネットの普及とともに、ハンドメイド(手作り)の作品をネットショップで販売して、稼ぐ方が増えました。 ママ友やお友達がハンドメイドの作品を販売しているのを見るとあなたも「羨ましい!私も販売してお小遣い稼ぎをしてみたい!」ってお気持ちになる方も多いのでは?


今回の記事はハンドメイドのネットショップを開業する方法や、開業時の注意点、コツや注意点について、解説したいと思います。


ハンドメイド作品のネットショップ開業にはどんな方法があるの?

ネットショップを開業しハンドメイド作品を販売するにはどんな方法があるのでしょうか。実はハンドメイド作品をネットで販売する方法は割といろいろあります。
まずはその販売方法をご紹介します。


楽天市場での販売

ハンドメイド作品の販売方法の中でも最も本格的なネットショップを開いて開業する方法が楽天市場での出店ですね。
楽天市場と言えば日本国内では最も知名度の高く知名度の高いインターネット上のショッピングモールです。あなたも一度や二度は楽天市場で商品を購入したことがあるのではないでしょうか?


楽天市場で出店している業者は何も大手企業さんばかりではなく、社員数名の小規模企業はもちろん、1人で全ての運営を行っている個人事業主さんも珍しくはありません。 一番安いプランで月額2万円程の出店料金で楽天市場上にお店を出店することが可能です。


インターネット情報で商品を販売する方法としては、他の方法と比較するとややお金がかかりますが、楽天市場は集客力が高く、売上を上げやすいので、本格的にビジネスをやっていきたいというなら楽天市場を利用するのが一番近道ですね。



気になる方は、まずは楽天市場で詳しい資料(無料)を請求してみてくださいね。
資料を請求するだけなら、無料でお金がかからないのでまずは資料を読んでみてください。

  ↓ こちらから資料請求 ↓

事例:低単価で月1億円!詳細はこちら楽天市場




カラーミーショップやBASEなどのショッピングカートを利用した出店」

カラーミーショップやBASE、おちゃのこネット、makeshop、ショップサーブなどショッピングモールに頼らないショッピングカートを利用した出店方法もあります。



こちらの方法では楽天市場に比較すると出店料金が圧倒的に安価であること。
売り上げに応じての手数料の支払いが0かもしくはあっても限定的です。


そのため、楽天市場に出店するよりはかなり敷居が低い出店方法となります。
費用が安く済む分、集客力が非常に弱いため、自力で集客活動を行う必要があります。



集客方法は?

ネットショップの集客方法は様々あります。

  • 検索エンジン経由の集客方法(SEO対策)
  • PPC広告を利用した集客方法
  • アメーバブログを利用した集客方法
  • twitterやfacebook等のSNSを利用した集客方法

どの手法もパッとやってぱっと結果が出るような甘い物ではありませんが、手間暇かけてしっかりやれば、必ず結果が出る物です。



minneやクリーマ、tetoteなどのハンドメイド販売サイトでの販売

最近人気なのがminne(ミンネ)やtetote(テトテ)、creema(クリーマ)などのハンドメイド販売サイトでの販売です。


これらの販売サイトでは独自で販売用のサイトを作る手間が必要なく、ショッピングモールに自分専用の販売スペースを借りて作品を陳列するような形です。

フリーマーケットのネット版と言えばなんとなくイメージがわくかもしれません。


こういった販売サイトでは初期費用や月額手数料がかからないことが多く、売り上げに応じた販売手数料が10%程度かかることがほとんどです。


ハンドメイドのネットショップはどれ位売れるの?どれくらい儲かるの?

どのくらい売れるのか?どの位儲かるの?

ハンドメイド作品を販売している方はどの位売っているのでしょうか?

個人でハンドメイド作品の販売をしている人に限りますが、平均的に月1万円も売れていない方がほとんどの現状です。
中には月何十万円と販売している方もいるのですが少数派ですね。


minnneやクリーマのようなハンドメイドサイトが「売れない」理由

前述のように、minneやクリーマ等、無料でハンドメイド商品を販売できるサイトはありますが、はっきり言って殆ど売れません。 その理由は、販売サイト自体の知名度が低いからです。minne知っている人、クリーマ知っている人・・・・少ないです。利用者も少ないです。

知名度が低いという事はまずそのサイトに訪れる人があまりいませんから、あなたが仮にminneで商品を販売したとして、販売している商品をお客さんに見てもらう機会も少ないという事なんですね。



知名度が低い集客力が弱い売れない



上記のように非常にシンプルな理由で売れないわけです。



minnneやクリーマのようなハンドメイドサイトが「儲からない」理由

あともう一つ。minnneやクリーマなどのハンドメイド販売サイトでは、仮に商品が売れたとしても儲かりません。つまりminnneやクリーマのようなハンドメイドサイトでの販売は利益を出しにくい性質なのです。


その理由は、minnneやクリーマのようなハンドメイド販売サイトは多くの販売者がハンドメイド作品の販売を”趣味”と位置付けているからです。 実は、ハンドメイド販売サイトで、作品を販売している方の中で本格的なビジネスとして位置付けている方は少数派なんですね。


ビジネスではなく趣味として、自分が作ったハンドメイド作品を誰かに使ってもらったり、感謝のメッセージもらえたらうれしいなぁ位に思っている人がたくさんいますから、全体的な傾向として販売価格が良心的です。


購入者側もある程度その辺を理解しているので、minnneやクリーマの購入者は「安い商品」だと思っています。

で、どうしても安価な作品の方が売れますから、利益を追求するような価格設定をしている販売者の作品はなかなか売れないのです。





本格的にハンドメイド作品を販売したい方向けの方法は?

「ハンドメイド作品を販売して本格的にお金を稼ぎたいんだけど?」という方もいらっしゃるでしょう。


では本格的ハンドメイド作品を販売して、しっかり利益を出したい方はどのような取ることが望ましいのでしょうか?


それはズバリ、楽天市場で、ネットショップを構築する方法です。




【無料で楽天出店についてもっと知ろう】
ネットショップ出店案内【楽天市場】詳細はこちら
リンク先のページ右側にある水色のボタン【もっと詳しく知りたい方は「資料請求」】をクリックして先に進んでくださいね。





日本人で楽天市場をご存じない方は少ないと思いますが、買い手や消費者としての経験があるのみで、楽天市場で出店経験がある方は少ないと思いますのでここで少し楽天市場で出店するという観点で解説したいと思います。


楽天市場には圧倒的集客力がある

楽天市場には圧倒的集客力があります。その理由は至って簡単で楽天市場は知名度がある=つまり、皆知っているからです。


ネットで買い物となればまず誰もが一番最初に思い浮かべるのが楽天市場という方が多いのではないでしょうか。


amazon派の人もいるでしょうが、なんだかんだ今、現在、日本のネットショップで買い物というと圧倒的に楽天市場なんですよ。


楽天市場を知らない日本人はほとんどいません。だから「ネットでショッピングをしよう」となったときに、まず楽天市場の総合トップに行く人が大多数なのです。


集客力があるという事は、それだけあなたの商品もお客さんの目に触れることが多い、だから商品が売れるチャンスが多いという事何です。ですからあなたがハンドメイドの商品を本格的に販売したいのなら、楽天市場で出店するのが最も、売上を上げられる可能性が高いです。


ちなみに現在、楽天で出店している店舗さんの平均月商は400万円以上と言われています。
大手会社も楽天で出店していて平均月商を上げてたりしますから、個人事業規模でも月商400万円いけるか?と言われると、ちょっと怪しいのですが、例えば、個人事業主さんの楽天出店者でも月商100万円クラスなんてのは当たり前で全然珍しくはないのです。


一方、ミンネ(ハンドメイドの販売サイト)の出店店舗さんの平均月商を私の周りで10人くらいに話を聞いてみたところ、誰一人年商100万円すら超えていませんでしたので月商にして10万円以下という事ですね。


まぁ、楽天市場とミンネには、とにかくこれだけの集客力と売上の差があるという事です。


楽天での買い物には圧倒的安心感がある

楽天で出店しているのは中小企業や零細企業などの小さな小売店さんが大多数ですが、しかし楽天市場に出店している事である程度の信頼をお客さんから得ることができます。




お客さんが商品を購入する際の安心感というのは、売上に大きく影響します。
では、試しにミンネの出店者の場合で考えてみましょう。


そもそもミンネ自体がそれほど知られているショッピングモールではなくお客さんは知らない無名モールの中にいる無名ショップのハンドメイド商品を購入するわけですから正直、不安なわけです。


「商品がちゃんと届くかしら?」
「期待通りの商品かしら?」
「何かあったときのアフターサービスはどうなっているのかしら?」


このように不安がいっぱいの中、商品を購入するため、なかなか踏ん切りがつかない、つまり、なかなか売れないわけです。


一方、楽天市場に出店しているショップの場合、出店ショップが無名だったとしても、楽天市場は球場も野球チームも持っているので、有名ですから「楽天のショップなら安心ね」と安心して購入いただく事は可能なのです。


楽天市場は既存会員が多数いるため、購入に至りやすい

2016年12月末時点で楽天会員数は11,489万人。

既に会員登録済みのお客さんからすると購入方法の確認や、購入時の住所や連絡先の入力の手間が省けるなどお客さんが商品を購入するための障壁がグンと下がるわけです。


こういったわけで、楽天での買い物には圧倒的安心感があるため、ハンドメイド商品を本格的に販売するなら楽天市場での出店がおすすめというわけです。


【無料で楽天出店についてもっと知ろう】
ネットショップ出店案内【楽天市場】詳細はこちら
リンク先のページ右側にある水色のボタン【もっと詳しく知りたい方は「資料請求」】をクリックして先に進んでくださいね。


案外、高くない出店料金

楽天市場で出店するにはどのくらいの費用がかかると思いますか?


楽天市場での出店費用はプランによっても異なりますが、月額2万円程で出店可能です。


ミンネやクリーマのようなハンドメイド販売サイトのように出店料金が無料の物に比べると少しお金がかかりますが、売れないサービスにお金をかけても無意味ですからそもそも比較対象となりません


むしろ楽天市場出店は、その集客力や充実した機能からリアル店舗を出店するのと同じ位(もしくはそれ以上)に売り上げをあげる可能性を秘めているのでリアル店舗と比較した方が相応しいでしょう。
リアル店舗で店を出すなら、店の建物を購入(もしくは賃貸)したり内装工事をしたりで、最初に数百万円位は必要ですから、比較して考えると、楽天市場の出店は案外高くないな。という気がしてきます。


楽天市場はちゃんと商売している人ばかりの集まり

ミンネは出品者の大半がビジネスの素人でお客さん側もある意味舐めてかかっていますから、安くないと売れないという事は前述の通りです。このような空気がありますからミンネ出店者の多くはどんどん値段を下げていって結果的に原価割れというような事態も珍しくないのです。


一方、楽天市場は真面目に商売をしている人ばかりの集まりですから適正価格での販売が可能で少なくとも原価を割るような商売をする必要はありません。しっかり販売してしっかり儲ける価格設定が可能なのが楽天市場なのです。


楽天市場ならオリジナリティの高い店づくりが可能

楽天市場は、ネットショップとしての機能が非常に優秀で、オリジナリティの高い店づくりが可能です。


ショップのデザインや、作品紹介でオリジナリティを高めることで、魅力的なお店づくりを行い、類似作品店との差別化を行うことが可能です。


電話サポートがあるから初心者でも安心

楽天では、楽天の操作に関してのサポートを電話で受けることができます。

「○○○の方法が分からない」

「▲▲▲が出来ない」

と伝えれば、電話で一緒に同じ画面を見ながら操作方法を丁寧に解説してくれるので、ネットショップ運営の初心者でも全く問題ありません。


楽天市場での出店をご検討してみてはいかがでしょうか?

ミンネやクリーマでハンドメイド作品を販売していても、なかなか売上が上がらない方が多いので、集客力が高い楽天市場の出店を提案してみました。


もちろん「ハンドメイドは趣味だ」「お金が欲しくてやっているわけじゃない」という気持ちなら、ミンネやクリーマで十分だと思います。一方で本格的にビジネスとして成り立たせたいのなら、楽天市場のような本格的なネットショップが集まるインターネットショッピングモールでの販売が近道なのです。


この記事を読んで楽天市場への出店に興味を示した方も多いと思いますので、楽天市場へ出店するための資料請求ページを紹介しておきますね。実際に楽天でネットショップを運営するかどうかはゆっくり検討すればいいのですが、無料でできる資料請求なので「興味はあるけど、また今度でいいか」と言わず、是非、今、この機会に申し込んでくださいね。

⇒ネットショップ出店案内【楽天市場】詳細はこちら
リンク先のページ右側にある水色のボタン【もっと詳しく知りたい方は「資料請求」】をクリックして先に進んでくださいね。