ネットショップで利用する画像は独自に撮影するのが一番です。
しかし商品なら商品を仕入れて撮影するので比較的スムーズに撮影が可能ですが、それ以外の画像を撮影するのはどうでしょうか。

「サマーセールの企画をやろうと思った。サマーセールの対象商品は撮影済みだが、サマーセールっぽいイメージの背景画像が欲しいな。そうだ!夏と言えば海だ!」


で、ここで、海まで行ってビーチの写真を撮影しに行くのはさすがに効率が悪すぎますよね。

こう言った時に利用できるのが画像素材集です。
画像素材集は無料の物から有料の物までありますが、あなたのネットショップで自由に使って良い画像を紹介してくれていますので、ビーチの画像なんかはすんなり入手できます。

そこで今回は私が良くお世話になっている画像素材集をご紹介させていただきます。


注意
著作権フリーの物を紹介しておりますが、利用においてはそれぞれのサイトの利用規約を読み、ルールを守って自己責任でご利用ください。

写真素材 足成 (無料)

無料画像素材集の王様!現在85321枚の画像が登録されているようです。圧倒的な画像の登録数ですね。
全国のアマチュアカメラマンが撮影して写真を提供してくれているそうです。
無料ですし会員登録なども特に必要がないのでアクセスして好きな画像を探して来てダウンロードするだけ。

写真素材 足成

ぱくたそ(無料)

最近めちゃくちゃ人気のあるぱくたそ。
現在4837枚の画像と足成に比べると画像数は全然少ないのですが、写真のクオリティが平均してかなり高いのと、モデル画像がインパクトがあって面白い物が多いのが特徴です。

ぱくたそ



PIXTA(有料)

こちらは有料ですが非常に高品質の画像が入手できます。WEB上でデータをダウンロードして購入するという形をとります。
私自身非常にお世話になっている画像素材集やさんです。

PIXTA



素材辞典(有料)

こちらは購入するとCDが自宅まで郵送で届けられます。
1枚辺りの画像集録数が多いので、1つのテーマで多くの画像が必要な場合は安上がりであったりします。

仕事柄、私はこの素材辞典のCDを10枚以上購入しています(笑)

素材辞典

まとめ

いかがでしたか?

商品の写真は原則的には自社で撮影するのがベストですが、イメージ画像などはわざわざ撮影にロケするのも時間がかかり過ぎて非効率的です。

こう言った素材集をうまく利用して、効率よく魅力的な画像が作れるようになりましょう!