撮影した写真がなんだかちょっと暗いなーって事は非常によくある事です。
撮影した時は暗いなんて思わなかったのに、実際デジカメで撮影した写真データをパソコンに取り込むと「わーちょっと残念」って事、皆さんも経験ありませんか?

ただ、写真がちょっと暗いだけなら、わざわざ撮影し直す必要はありません。

無料で高機能のオンライン画像編集ツールを使えば、暗い写真を明るく調整できます。


pixlrを利用して明るさを調整しよう!

まずはpixlrにアクセスしてください。
http://apps.pixlr.com/editor/



コンピュータから画像を開くを選択して、フォルダから明るさを調整したい画像を選択してください。



ヘッダーメニューから「調整」を選択してください。


下に表示されたメニューから「明るさとコントラスト」を選択してください。



明るさとコントラストの調整バーが表示されますので、左右にスライドさせて、表示されている画像を確認しながら、これ位でいいなと思ったらOKを選択してくださいね。

元の画像や画像をどの程度明るくしたいのかにもよるため、数値的にいくつという目安は特にありません。あなたの目で見ていい雰囲気だと思う明るさになるよう調整してくださいね。

ちなみにコントラストとは、画像や画面の暗い(黒い)部分から明るい(白い)部分までの幅( 許容量)のこと。画像や画面の絶対的な明るさには直接的には関係ありません。


こんな感じで明るさの調整を行ってみました。
調整前後で見比べてみてください。調整後の方が明るくなってずいぶん雰囲気が良くなりましたね。画像が全体的に暗いという場合はこのように明るさを調整する事で、雰囲気の良い画像を作ることができるようになります。

明るさ調整後画像

この状態になったら完成ですので「ファイル」→「保存」で保存してくださいね。

まとめ

pixrlを使った画像の明るさの調整を説明いたしました。
とても簡単だったのじゃないでしょうか?

とても簡単ですが基本操作なのでしっかり覚えてくださいねー。

次の記事では色調の調整について説明いたします。お楽しみに♪
スポンサードリンク