「楽天市場にショップの出店を検討しているけど、楽天出店って結局のところどうなの?」
こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。


楽天は多くの方もご存じの通り日本国内では最も知名度が高く流通量が最も多いネットショップのサービスです。
このブログを読んでいる方もきっと楽天でお買い物をしたことが1度や2度はあるのではないでしょうか。中には「お買い物はいつも楽天で済ませています」というヘビーユーザーもいらっしゃるかも知れませんね。


それだけ知名度が高い楽天市場ですから、出店する側となった場合もアクセスを集めやすい、売りやすいという大きなメリットがあります。
一方で、楽天ショップに出店すればどの店舗もが売上を上げて、利益を出せているのか?というとそういうわけでもありません。


私自身はフリーのWebデザイナーで楽天ショップに立ち上げや制作・運営のお手伝いをした経験も多いので、今回のブログでは楽天ショップの出店・開設方法を伝授します!


楽天ショップの出店を検討している方や、既に開設済みで、なかなか運営が思うようにうまくいっていない店舗様は是非参考にしてください。


楽天ショップ出店・開設のメリット

では、まず楽天ショップに出店することでどんなメリットがあるのかを説明していきます。


楽天ショップは集客力が国内ナンバー1

一般的なインターネットユーザーはyahoo!やgoogleで情報を検索することが多いですよね。


しかし、ネットショップで買い物をするとなると、まず最初に楽天市場に訪れてから楽天サーチで、商品を検索するお客さんが多いのです。
楽天のヘビーユーザーからライトユーザー、また一見さんまで「ネットショップでお買い物となれば楽天市場」の図式が頭の中にあるので、とにかく最初に楽天市場に訪れるのです。


お客さんが楽天サーチで商品を検索している間は、楽天ショップに出店している店舗さんの中からしか商品購入に至る可能性がありませんので、楽天ショップに出店しているという点が、他のネットショップサービスよりも集客において圧倒的に有利なのです。


お客さんは楽天市場で購入するなら安心だと思っている。

インターネット上でお買い物するのは少々リスキーです。「商品がちゃんと手元に届くのだろうか?」とか「商品の配送時に破損しないか?」とか「写真では見たが、実物は期待通りの商品だろうか」等、インターネット上で商品を購入するがゆえに発生するリスクは、実店舗でのリスクよりも大きなものです。


中でも運営店舗が小さな個人店だとすれば、そのリスクは購入者にとってさらに大きなものになるでしょう。
実際、楽天市場に出店している店舗は大手企業もいますが、大半は中小企業や個人事業主レベルの個人店です。こういっちゃなんですが社会的信用という意味では、ちょっと不安に感じるような店舗さんが多いわけです。


ところがどっこい。


楽天市場の傘の下にいる事でお客さんは信用してくれます。
「楽天市場に出店しているなら、まぁ大丈夫だろう。」と。


実際問題、楽天市場に出店する際は、審査がありますし、違法な商品を販売している店舗や過去にトラブルを起こしたことがある店舗はまず通りません。ですから、楽天市場で商品購入をしてあからさまな詐欺にあうようなことはまずありませんし、お客さんもその点は信用しているわけです。
(もちろん、売買においてトラブルが全くないわけではありませんがね。)


で、安心してもらえないとなかなか買ってもらえないのがネットショップですから、楽天の傘の下にいられるというのは大きなメリットなわけです。


楽天ショップはネットショップ構築サービスとして非常に高機能

楽天ショップはネットショップを構築するために開発された国内最高峰レベルの高機能なサービスです。
商品ページはかなり自由にデザイン・レイアウトできますし、利用が可能な決済は豊富です。スマートフォン向けページもPC向けページとは別に作れますし、売上やアクセスなどの解析ができます。


こういった機能はネットショップ構築サービスでは当たり前の事ではありません。
例えばAMAZONなんかは商品ページのデザインやレイアウトは自由にできません。
特に「無名」や「無料」のネットショップ構築サービスは機能が限定的な物が多いので、比較すれば楽天ショップがいかに高機能であるかという事が理解できると思います。


電話サポートがある

楽天ショップに出店する際は電話サポートを受ける事ができます。
楽天ショップに出店すると、専任のecコンサルタントが1人つきますので出店後の運営方針などで相談されると良いでしょう。
また専任のコンサルタント以外にも、店舗運営に関して操作方法などを質問できる窓口があるので分からない事があれば何でも電話して聞くことが可能です。


ネットショップ構築サービスの中には、電話サポートはなくメールサポート限定の事も多いので、特に初心者などは電話サポートを利用できることは大きなメリットであると思います。


楽天ショップ出店・開設のデメリット

楽天ショップに出店することのメリットをいくつか紹介させて頂きましたが、実は反対にデメリットもあります。
ここでは楽天ショップ出店におけるデメリットに関しても紹介させて頂きます。


利益率が低い傾向にある

楽天ショップに出店をすると、売上に応じて2%~6.5%の間で楽天市場へロイヤリティを支払う事になります。
(ロイヤリティの割合は契約プランや売上に応じて異なります。)
ロイヤリティ以外にも、クレジットカード決済時の手数料負担や、最低1ポイントの楽天ポイントの負担などがありますので、ざっくりと(すごくざっくりですが^^;)売上10%位は引かれると思っておいてください。


楽天ショップ的ページ構成を嫌う人は一定の割合でいる

「楽天ショップはごちゃごちゃしていて嫌い。私はamazonでしか物を買わない」という人は一定の割合で必ずいます。


楽天ショップ運営には煩雑な作業が多い

受注管理、商品の梱包、発送手配、問い合わせ対応、クレーム対応、返品交換の対応、発注、入荷、在庫管理、入金確認、経理処理、新商品ページの作成、イベント企画、イベントページの作成・・・。
楽天ショップに限らずネットショップ運営には煩雑な作業が非常に多いです。


ただし、楽天の場合は高機能であるし、楽天企画の様々なイベントに積極的に便乗するなら、こういった煩雑な作業がさらに多くなります。


楽天ショップの出店・開設方法

楽天ショップに出店を希望される場合はまず以下から出店案内を入手して詳細を調べてください。 ネットショップ出店案内【楽天市場】詳細はこちら

出店案内は受け取る段階ではまだ楽天ショップへの出店が決まっていなくても問題ありません。
それどころか、どんな商品を販売するのかを決めていなくても構いません。


主力商品や利益率の高い商品はLP(ランディングページ)を作成

楽天ショップに出店する際は、主力商品や利益率の高い商品はLP(ランディングページ)を作成することをおススメします。
LP(ランディングページ)とは1商品を販売するため、徹底的に掘り下げて作り込んだ縦に長い1ページの事です。
LP(ランディングページ)を作成することで該当商品のコンバージョン(転換率)を飛躍的に高めることができます。


全ての商品を平均的に作り込むよりも特定の商品(主力商品人気商品や利益率の高い商品)を徹底的に作り込んだ方が結果的には全体の売上UPにつながります。極端な例として上げますが、力配分としてはLPに90%で他の商品に10%の力を注ぐという事でも構いません。 


またLPは最低1ページは必要ですが、ページ数が多ければ多いほど有利です。
しかし、LPは1ページあたりに注ぐ力が非常に多くなるので100アイテム全てをLPにするというような方法は通常は困難です。


アクセスアップ方法

楽天市場内でお客さんが商品を探す場合、楽天サーチという検索機能を使って商品検索されることが非常に多いです。 商品に関連するキーワードが、楽天サーチで検索上位に表示されることで商品へのアクセス数が増えるため、楽天SEO対策(上位表示されるための適正な設定)を積極的に行う事でアクセスアップと売上UPにつながるのです。



まず、最も一般的な事で言うと、商品名のつけ方ですね。 商品名は商品名だけを入れるのではなく、商品名+送料無料+即日配送可+ブランド名+品番+用途・目的+サイズバリエーション・・・などのように商品名と一緒に検索されるようなキーワードを盛り込んで入れてしまうのです。


これを全ての商品ページでしっかり設定するかどうかで、アクセス数は全然異なってきますので、まずはこれをしっかりやってみてください。


楽天ショップの出店

前述の通り楽天ショップはその知名度の高さから、比較的アクセスを集めやすいし、その分売上を上げやすいショッピングカートであると言えるでしょう。


しかし、インターネット上のショップであっても基本は実店舗と同じです。
いくらアクセスがあっても魅力のない商品は売れませんし、感じの悪い接客ではお客さんは逃げていきます。

「どうやったらお客さんが喜んでくれるかな?」

「こうしたらお客さんは買いやすいかな?」

といつも試行錯誤をして、より良いお店作りをしていかなければ、全然売れないショップになってしまう事もあります。


楽天ショップに出店を希望される場合はまず以下から出店案内を入手して詳細を調べてください。 ネットショップ出店案内【楽天市場】詳細はこちら