今回はいよいよSEO対策を意識したページ本文の書き方を解説します。

本文は最低500文字以上の文字数が必要

内容はともかくとしてもまず本文の文章量が少ないという事はそれだけSEO的にマイナス評価を受ける事も少なくありません。
文章量が少ない=中身のないコンテンツという判断を下されるのですね。

最低限の目安として1ページあたりの文字数は500文字。 本文の文字数をカウントする場合は以下のようなサイト利用すると簡単にカウントできます。

文字数カウントできるサイト

  • ページのテンプレート部分(ひな形)部分を文字数に含めてはいけません。
  • HTMLタグは文字数に含めてはいけません。
  • 画像に書き込まれた文字を文字数としてカウントしてはいけません。
  • コピペや重複禁止!そのページのためだけに書かれた文章のみをカウントしてください。
純粋にそのページだけのために書かれた文章の文字数をカウントして500文字が最低限です。
500文字はあくまでも最低限の話で多ければ多い程理想的です。
多いのは最大10000文字くらいまでは問題ありません。増やせるならどんどん増やしてください。


本文中に必ず選定キーワードを複数回盛り込むこと

ページ本文には必ず選定した狙いのキーワードを盛り込んでください。
タイトルでも同じ事を書きましたがタイトルとページ本文の両方に選定キーワードが盛り込まれている事がSEOの最低条件です。
また、ページ本文中のキーワードは複数回盛り込む方が良いとされています。
がちがちに守る必要はありませんが、本文中に狙いの選定キーワードを出現させる割合は5%位がいいと言われています。


あくまでも目安なのでそんなに気にする必要はありませんが以下のサイトでキーワードの頻出率を調べる事が出来るので試してみてくださいね。

キーワード出現頻度解析ツール


なお 本文のどの位置にキーワードが出現するかというのも非常に重要です。
本文にキーワードを盛り込む際は以下の2点に注意してくださいね。
  • 本文のできるだけ早い段階で一個目のキーワードを登場させるようにしてください。
  • 本文中できるだけキーワードは適切にばらけ指せるようにしてください。
スポンサードリンク