ネットショップで商品ページを作るにしても、集客用のブログで記事を書くにしても検索エンジンを経由したアクセスの対策を行いましょう。

その際はSEO効果のあるHTMLタグを理解し上手く使うと、よりSEO効果が高くなります。
今回は検索エンジンが重視するHTMLタグを説明いたします。

SEO効果のあるHTMLタグ

  • タイトルタグ 
    タイトルタグは本文に表示されないhead領域に記入します。
    検索エンジンはこのタイトルタグを非常に重要視するのでターゲットとするキーワードを埋め込むことは必須となります。

    表記方法<title>タイトル</title>

     
  • METAタグ
    タイトルタグと同じくMETAタグは本文に表示されないhead領域に記入します。
    キーワードとdescriptionがあります。

  • 見出しタグ1
    <h1>タグは検索エンジンが重視するタグです。
    このタグは1ページにつき1つだけ使う事が出来ます。

    表記方法<h1>見出し1</h1>


  • 見出しタグ2~6
    数字が小さい方がより重視されます。

    表記方法
    <h2>見出し2</h2>
    <h3>見出し3</h3>
    <h4>見出し4</h4>
    <h5>見出し5</h5>
    <h6>見出し6</h6>


  • strong タグ

    文章の一部強調を表します。

    表記方法
    <strong>強調<strong>


一応一般的にSEOの効果があると言われているHTMLタグを書き出してみました。


個人的見解としては とにかく大事なのはタイトル
あと本文では<h1>位までは効果を実感したことがありますが、 <h2><h3>や<strong>の効果は殆ど分かりません。


タイトルと本文にしっかりとキーワードが入っていれば、言われているほど効果があるようには感じないというのが率直な実感ですので、個人的にはあまり気にしていません。
スポンサードリンク