どの立ち位置から集客するのか?

ツイッターで集客を行う場合、一番最初に決めておくべきなのはどの立ち位置からツイッター集客をしていくのか?という事です。

  1. ショップの公式ツイッターアカウントとして
  2. ショップ内のスタッフとして
  3. ショップには直接関係のない第三者として

このようにさまざまな立ち位置があるのですが、あなたはどのような立ち位置をイメージしていましたか?


普通で行くと(1)のショップの公式のツイッターアカウントとして、もしくは(2)のショップ内のスタッフとしてツイッターをやるというのが一般的だと思います。

ガンガン攻める「攻めのツイッター集客」は第三者として行おう!

上の方で説明した、「ショップの公式ツイッターアカウント」もしくは「ショップ内スタッフ」としての立ち位置からツイッター集客を行う場合。 この場合って既に顧客が着いていてたくさんのショップのファンがいて、フォロアーが何百人と勝手に増えてくれるようなシチュエーションで無ければ集客としては成功しません。


運よくこの状態まで持ってこれたショップはいいのですがそういう風にできるのはごく一部でしょう。
殆どのショップは受け身で自然にフォロアーが増えるのを待っていたら、ショップOPEN後100人のフォロアーを集めるのに1年位かかってしまいそうです。


かと言って、ショップの公式アカウントツイッターでガンガン攻めるツイッター集客をしていると、ファンの目にどのように映るかも不安です。
詳しく説明していくと分かると思いますがガンガン攻めるツイッター集客をしていくとそれを見て嫌がるお客さんもいるという事です。


そこでガンガン攻める攻めのツイッター集客では、店とは直接関係のない第三者としてツイッター集客を行うのです。


その理由は第三者としてツイッター集客を行う事でとてつもなく行動範囲が広がるからです。


ではショップ公式のツイッターアカウントは不要なのか?

ガンガン攻めのツイッター集客を行うためにはショップとは直接関係のない第三者としてツイッターアカウントを用意しましょう。とお話ししました。
「という事は公式のツイッターアカウントは不要なのか?」と思われたかも知れません。


そういうわけではありません。
ツイッターは複数アカウントを持つことを禁止していませんから、第三者アカウントだけでなく、ショップアカウントやスタッフとしてのアカウントも持っていてもいいです。

理想としては

  • ショップの公式ツイッターアカウントとして →1アカウント
  • ショップ内のスタッフとして →1アカウント
  • 第三者アカウント→1アカウント
それぞれの立ち位置で1アカウントずつ持っておいてそれぞれ育てておくといいですね。
第三者アカウントが攻めのアカウントとすれば、ショップ公式アカウントは守りのアカウントです。


ショップ内スタッフはその中間といったところでしょうか。
攻守のバランスが整う事で、最強の集客が行えるようになるんですね。