凍結されにくいツイッターのアカウントとは?

ヒトコトで言ってしまうとフォロアー数を増やす事です。
フォロアー数が増えると、ツイッターのアカンとは凍結されにくい傾向になります。


  • フォロアー数が10人のアカウント
  • フォロアー数が2000人のアカウント
  • が同じペースで1日100人のフォローをしたとしましょう。
    この場合、フォロアー数が10人のアカウントは凍結をされる可能性が高いです。
    一方でフォロアー数が2000人のアカウントは凍結をされる可能性が低いです。


    また仮に 3人のフォロアーからブロックや通報を受けた場合も10人フォロアーのアカウントは凍結リスクが高く、2000人フォロアーの凍結リスクは少ないでしょう。


    このように全く同じアクションをしていたとしても、フォロアー数が多いアカウントは大丈夫で、フォロアー数が少ないアカウントでは凍結を受けるという事が起こり得るんですね。




    そのフォロアーがなかなか集まらなくて困っているんだけど?

    このように思われるでしょうね。
    おっしゃる通り。フォロアーが増えれば凍結されにくいと分かっていてもそもそもそのフォロアーがなかなか集まらないから困っているんですよね。


    解決方法があります。
    それは、相互フォローアカウントを公言しているアカウントをフォローするという事です。
    相互フォローとは言葉の通り、「こっちもフォローするからそっちもフォローしてね。」というフォローの助け合いの事ですね。


    相互フォローを公言しているアカウントはこちら側からフォローしていくと、かなり高い確率でフォロー返ししてくれます。一方でこちらのアカウントでもプロフィールに「相互フォロー募集!フォロー返し100%」等と書いておくと、相互フォローを希望するアカウントの人がフォローをしていってくれます。



    自分自身のツイートでもたまに相互フォローを募集している事をつぶやいてみましょう。

    例:
    「相互フォロー募集しています!#follow #followme」

    #follow #followme の部分はハッシュタグと言ってツイート内容で相互フォローを募集している人を検索している人があなたのアカウントを検索しやすくなるのですね。


    ただ、お気づきのように、こうして相互フォロー募集で集まったフォロアー数は集客その物には役に立ちません。あなたのネットショップの商品に興味を持っているわけでもないし、属性も全く無視して集めたフォロアーだからです。 ですから例えば相互フォロー100%で2000人のフォロアーを集めた段階で本格的に属性を絞ったフォローをしていくなど段階を経て集客をしていくのが望ましいですね。


    相互フォローでフォロアーの数を増やすのはいわば基礎体力作りですね。
    一見、遠回りのようですが、基礎体力作りをすることでより効果的なツイッター集客が行えるのですね。
    スポンサードリンク