フォローを返してくれない人は必ずいる

見込み客に対してこちら側から積極的に大量のフォローしていって、リフォロー(フォロー返し)して貰うというのがツイッター集客の基本です。当然、フォロー返しを全員がしてくれるという事はあり得ませんので、フォローしてくれない人が必ず出てきます。


フォロー数が2000人を超えると1.1倍ルール適用

もう1つ覚えておいてほしいのはツイッターのルールとして2000人を超えるフォローを行う場合は、フォロアーの数の1.1倍が上限を適用されます。
何も考えずにフォローを進めて行くと、大抵の場合は2000人以上のフォローをできません。
なぜならフォロアー数の数が足りないからです。


そこで、アンフォローの作業が必要なわけです。アンフォローとは、一度フォローした相手のフォローを解除する事を言います。しかしフォローした相手を片っ端から無条件にアンフォローしていくのは駄目ですよね。 フォロー返ししてくれている人もいるわけですから。


それで、こちら側はフォローをしているけれど、相手はフォローをしてくれていない、つまり片想いのアカウントだけを探して片っ端からアンフォローするという作業が好ましいんですね。


片想いのフォロアーを片っ端からアンフォローするにはmanageflitter

manageflitterを使うと、片想いのフォロアーを片っ端からアンフォローする事ができます。


 http://manageflitter.com/にアクセス
「START」を選択




「Connetc to Twitter」を選択
読み込み中です。


片想いのアカウントが一覧で表示されますので、「Unfollow」をクリックしてアンフォローを進めて行ってください。一気にやり過ぎるとアカウント凍結になるので気を付けてくださいね。

スポンサードリンク