アメブロの記事は多い方がいいと思いますか?
私がこのアメブロ集客のコンテンツで教えているのは、「商品の関連情報」や、「見込み客が必要とする情報」を書いていきましょう。という方法です。



ですから「どんどんと100記事、200記事と記事数を増やしていけばいいのね。」と思われるかも知れません。しかしアメブロ記事は記事数は少なくてもいいです。


いや、厳密に言うとそりゃ多いほうがいいんですよ。記事は圧倒的に多いほうがいいんです。
でも記事を増やす方に時間をかけると、時間がなくなってあることができなくなってしまいます。ですからあえてこういう言い方をしています。


「商品の関連情報」や、「見込み客が必要とする情報」の固定記事を最初に10記事位書いてください。
10記事位かけたらある事を開始して頂きます。



10記事位かけたらあとは記事を増やす事よりもある事に集中して頂きます。
それでも、記事数がずーと増えないのはさすがにまずいので週に2~3回位の目安で記事を書いていけばいいですが、毎日必死に何記事も書いて記事数を増やしたりする必要はありません。
それだけの書きたいコンテンツ(情報)があるのなら、メルマガのネタとして残しておいてください

10記事準備できたら開始する「ある事」とは?

記事数が10記事準備できたら開始するのは「読者登録」です。
最初に10記事準備するのはまず力を入れて頑張ってください。その後は記事を書く事よりも読者登録に力を入れていきます。



読者登録とは?


アメブロには読者登録という機能があります。


アメブロにおける読者登録とは自分以外のアメブロユーザーのブログに対して「あなたのブログを読ませてもらいますね。」という宣言です。




読者登録を行うとどうなるの

読者登録をした側と、読者登録された側ではそれぞれ以下のアクションが起きます。

●読者登録を行った側
読者登録をした側のマイアカウントではその後読者登録された側のブログ更新情報がチェックリストとして表示されます。



●読者登録をされた側

読者登録をされた側のマイページには「新しい読者が●人いる」と赤い文字で表示されます。



赤い文字をクリックするとどのような人が、あなたのブログの読者になったのか読者リストが表示されるようになります。



今回はアメブロの記事はたくさん必要ないという事。
それから記事数は10記事書いた後は記事数を増やす事よりも読者登録を行う事に力を入れるという事を説明しました。


次の記事では、読者登録を行うときの注意点についてお話ししたいと思います。
スポンサードリンク