現代のようなインターネット環境が普及した時代ではとにかくスピードが命です。
ネットショップの運営においても多くのシチュエーションでスピードが結果の鍵を握ります



ショップのオープンは早い方が有利

ネットショップのオープン準備の開始を8月に開始したショップが2店舗あったとします。
ショップAは9月1日にショップオープンし、ショップBは10月1日にショップオープンしました。この場合9月と10月の売り上げを上げるのはどちらの方が有利だと思いますか?

9月の売上に関しては当然9月にショップオープンしたショップAの方ですよね。ショップBの方はまだ開店準備中ですから売り上げを上げようがありません。


10月に関しては互角と思われるかも知れませんがこちらもショップAの方が有利です。なぜならショップAは既に1ヶ月の運営実績がありさまざまな問題点を改善するためのデータがあるからです。


このようにショップのオープンは早い方が有利であるという事をご理解いただけると思います。


新着商品の公開は早い方が有利

新着商品の公開早い方が有利です。

メーカーから仕入れた商品をショップAは即日商品登録作業を行い公開しました。一方ショップBは1週間じっくりと時間をかけて商品公開を行いました。この場合ショップBは1週間の間商品を販売する事ができません。ショップAは1週間分のアドバンテージがあるので新着商品の公開は早い方が有利であることがわかります。



twitterでの集客を開始するのは早い方が有利

twitterでの集客は1日のフォロー上限数等の関係で、1日の間に作業を一気に進めることができませんのである程度の日数が必要です。つまりtwitterでの集客も開始は早い方が有利です。




今回はごく一部しか紹介しませんでしたが、ネットショップの運営において早い方が有利という事は非常に多いです。皆さんのネットショップの運営でもスピードが重要であるという事を理解し1日でも1時間でも早く作業を進められるようにしてくださいね。
スポンサードリンク