ここ数年で日本国内でも一気に市民権を得てきたように感じるPAYPALですが、ネットショップ開業の決済方法としてPAYPALはあった方がいいのでしょうか?
今回は私の考えを書かせていただきます。

 

PAYPALとは?

PAYPALとはネット上で決済が行える便利な仕組みでインターネット上のお財布と思っていただくと分かりやすいですね。

PAYPALでは銀行口座のようなもので、あらかじめクレジットカードの情報を登録しておくことで、決済時に相手にクレジットカードの情報を知らせずに支払いを済ませることができます。

なお、個人アカウントとビジネス用アカウントがあり用途によって使い分けます。
個人がお買い物する際にPAYPALを利用する事もありますし、または個人対個人の決済も行えます。

200に近い国で2億3千万ユーザーがいるので世界的には非常に有名な決済システムです。

ネットショップでPAYPAL決済は導入するべきか?

一般的な考え方としてネットショップの決済方法が多ければ多い程、お客さん側の決済の選択肢が増えるため売上は上がる傾向にあります。
ただしショップ側としては決済方法を増やすとその分手間やコストがかかるのも事実ですからむやみやたらとは増やしたくないというのが本音ですね。


ネットショップの支払方法と言えば
・銀行振込
・代金引換
・クレジット決済
この3つはオーソドックスな物なのでほとんどのショップで採用していますね。
後発でできたのが今回ご紹介しておりますPAYPAL決済。ショッピングカートの機能としてもPAYPAL決済が導入できるものが多くなってきましたが、ネットショップの開業にはPAYPALは必要な物でしょうか。


個人的見解を言えば、主に日本国内向けで商品を販売しているネットショップであり、クレジット決済を導入しているのであれば、PAYPAL決済はさほど重要ではないと考えます。

ただし以下条件でPAYPAL決済を導入するメリットが大きくなるためPAYPAL決済の導入の検討をおススメします。

  • 何らかの事情でクレジットカード決済を導入できない。もしくは導入しない場合。
  • 商品の配送先が国内だけではなく海外に送ることが非常に多い場合。

まとめ

ネットショップ開業におけるPAYPAL決済について考えてみました。 ご参考にしてくださいね。