最近ハンドメイドを作る人の間でちょっとした人気となっているのがminneやcreemaやtetote。
ハンドメイド作品や手作り雑貨の通販を無料で開設できるこれらのサービスを、売り手として利用している方は結構いるのじゃないかと思います。



しかし一方で、

「何が悪いのかしら、全然売れないわ」
「今月は売上ゼロ」
「安くしているから少しは売れるけど利益は出ないわ」

このような声をたくさん聞きます。

実はminneやcreemaやtetoteなどのハンドメイド販売サイトにはあまり売れない・儲からない理由があるのです。それを今日は紹介させていただきますね。

 

 

一般の人(購入者)にとっては知名度が低いサービスである。

minneやcreemaやtetoteはインターネット上のショッピングモールの1つなんですね。

ですから、まずモール本体に人が集まらない限り、それぞれの出品者の商品ページに人は集まらないし売れるわけがないのです。

ところが残念ながらminneやcreemaやtetoteの知名度はあまり高い物ではありません。

「いや私の周りの人はみんな知っているよ?」と思うかもしれませんがそれはハンドメイドを販売している人やその周辺の人だから知っているだけ、です。

購入者側の立場に立ってみて、minneやcreemaやtetoteの存在をそもそも知っているか?と言うと大半の人は知らないわけですね。知らないモールサイトですから当然そこに行くはずもなく、さらに購入に至る可能性もなしという事なんです。

ショッピングモール本体の知名度は出品商品のアクセス数に直結しますから、minneやcreemaやtetoteに作品を出品することで過度の集客は期待できないというのが現実なのです。

 

売れたとしても利益率が低い

仮にminneやcreemaやtetoteで作品が売れたとしても利益を確保するのは難しいです。







というのも成約手数料が10%~20%と非常に高額ですから、これが売れたとしても利益確保するのが難しい最大の理由です。minneやcreemaやtetoteに出品することで月額利用料金がかからないのはありがたいのですが成約時の手数料が高いのは痛いですね。

 

商品に高い値段をつけるとさらに売りにくい

前述の通り成約手数料がかかるので、その分を上乗せした金額を付ければ良いのではないか?と考える出品者もいるでしょう。しかし残念ながらハンドメイド販売サイトでは価格が高い商品は売れにくいのです。

こういったサービスには、プロの方もいますがアマチュアの方の方が多数派です。
また、アマチュアの方の中には利益度外視で趣味としてハンドメイドを楽しむためにべらぼうに安い価格をつける方います。

つまりアマチュア出品者が方が多いので、モール内での価格相場が安くなってしまうのですね。

 

趣味としてならOK。ビジネスとしては無理!

minneやcreemaやtetoteを趣味として楽しむなら良いと思います。

「楽しく作って、気にいって下さった方がたまに買ってくれて、儲けは要らない!

むしろ赤字でも別にOK。」

こういう考えなら、minneやcreemaやtetoteを使うのが良いと思います。

が、ただし本格的な利益を出すための商売として考えるなら他の方法をおススメします。

 

ビジネスとしてハンドメイド作品や手作り雑貨を販売したい方にとっての最適の方法は?

利益無視の趣味としてではなく、ハンドメイド作品を販売して、しっかり利益を出したい方はどのような方法を取ることがベストなのでしょうか?フリーのWeb業者の私からのアドバイスです。

それはズバリ、楽天ショップでハンドメイド商品を販売するという方法です。



楽天ショップへの出店条件は?

気になるのが楽天ショップの出店条件ですね。

楽天ショップは出店前に楽天市場から審査を受け出店の条件をクリアする必要がありますので、希望する販売者さんが誰でも出店が出来るわけではありません。
しかし、かと言ってものすごく敷居が高いというわけでもないので安心してくださいね。

 

法人じゃないと楽天市場に出店できないの?

法人になっていない方「個人では楽天市場のような大手のネットショップを出店するのは難しいから無理だよね。」と、楽天出店は無理だと諦めている方もいるかも知れませんね。

しかし実際は個人事業主でも楽天出店は可能ですので安心してくださいね。

私の見解を述べさせていただければむしろ個人の人や社員数名の小規模企業こそ楽天市場へ出店するべきだと思います。

あなたがネットショップ運営の未経験者であったり経験値が浅い人。
長い事やっている割に結果が出せていないような店舗さんならなおさら楽天市場への出店をおススメします。

理由は簡単。
楽天市場出店はネットショップ運営の」初心者に優しいサービスであるからです。

 

実店舗がなければ楽天ショップは出店できないのでは?

これもよく誤解されるのですが実店舗を持っていなくても楽天ショップの出店は可能です。
実店舗を持っていなくても開業できるのがネットショップの良い所なので、実店舗がなくても全く問題ありませんのでご安心くださいね。

 

ハンドメイドの作品を楽天で販売してもいいの?

ご自分で作ったハンドメイド作品を楽天ショップで販売しても全く問題ありません。実際に多くの作家さんが楽天でハンドメイド作品、手作り品を販売しています。

 

 

 

楽天市場で出店をするメリット

まず、楽天市場で出店をするメリットは、どんなことがあるのでしょうか?



楽天市場の持つ集客力

楽天市場の最大のメリットはやはり日本国内で一番知名度の高いショッピングモールへの
出店ですから出店するだけである程度の集客を期待できるという事です。




例えば独自でネットショップを立ち上げた場合は無人島に自分のショップを立ち上げたような物です。このような独自での出店は開店当初は知名度も低くほとんど訪問者を集めることはできません。



独自でネットショップを立ち上げただけで、自力で手間をかけてお金をかけて集客をしないで売上が0円のことが何日も何週間も続き「なんで売れないんだろう?」と首をかしげる店舗さんがいます。
独自でショップを立ちあげた場合は、集客力がゼロなので「なんで売れないんだろう?」というか、それが当たり前だと思った方がいいですね。

つまり、もしネットショップを楽天などモールではなく独自で開業するとなれば出店と同時にそれとは別に何らかの方法で集客を行う必要があるのです。


minneやcreema等のハンドメイドショップは一応ショッピングモールに分類されるのですが、集客力は独自ショップと大差なく皆無に近いです。
その理由はこのページの冒頭でも書いていますが、圧倒的に知名度が低いから。



一方、楽天市場はショッピングカートとしての機能があるだけでなくインターネット上のショッピングモールとしての役割が非常に大きいです。




現実社会で言えば専門店が多数入っている百貨店をイメージしてください。
楽天市場という百貨店に毎日何万人何十万人のお客さんが集まってきます。開店当初はあなたのショップには知名度がないためあなたのショップを目当てに来る方は少ないでしょう。


しかし楽天市場じたいには大量のお客さんの出入りがあります。例え、お客さんのお目当てがあなたのショップでなかったとしても、通りすがりにちょっと寄ってくれるというお客さんがいらっしゃいます。


つまり、楽天市場の出店者の最大のメリットは独自で集客を0から行わなくても出店するだけで一定の集客を期待できるのです。



楽天市場の持つ、企業としての安心感

楽天市場には知名度があります。
球場まで持つくらいですからここ10年ほどで楽天市場は大企業に成長し日本国内ではかなりの知名度を持ちました。


たいていの方が一度や二度は楽天で買い物した事があるか、買い物経験が無くても少なくとも楽天市場の名前は知っているでしょう。企業としての知名度は、簡単に言ってしまえば、ネットショップにおける安心感です。

不祥事などで悪目立ちしてしまう場合は逆効果な場合もありますが、そうでなければ、知名度の高さは消費者が商品を購入する際の安心感につながりコンバージョン(成約率)の高さにもつながるのです。


また、楽天に出店する際には厳しい審査があります。


違法性のある商品の取り扱い業者は当然審査に通過しませんし、当然、過去に詐欺などの違法行為を行った事業者もブラックリストとして審査に通過しないでしょう。

消費者側としてもこれも安心感の根拠となります。

ネットショップは誰でも簡単にオープンできるのものなので、取引における問題も非常に多いですよね。もちろん楽天市場でのお買い物なら全くトラブルが無いというわけではありませんが、多少なりとも、消費者側にとって最低限の安心感は得られるでしょう。

 
  • 楽天市場で出店する
  • 個人で独自ショップを出店する
どちらの方がお客さんに安心感を持っていただけるかというと当然、楽天市場で出店した方が安心感を持っていただけるのです。そのため仮に同じアクセス数(来店者数)であったとしても、コンバージョン(成約率)にも差が出てくるでしょう。

あなたが立ち上げた個人ショップよりも、楽天市場の傘下の元立ち上げたショップの方が消費者にとってはより安心で信頼がおけるからです。

 

電話サポートがあるから初心者でも安心

楽天では、楽天の操作に関してのサポートを電話で受けることができます。




「○○○の方法が分からない」
「▲▲▲が出来ない」

と伝えれば、電話で一緒に同じ画面を見ながら操作方法を丁寧に解説してくれるので、ネットショップ運営の初心者でも全く問題ありません。

 

専任のECコンサルタントがつくのでネットショップ運営に関する相談を受け放題

おそらく、あなたにとってはネットショップの運営は初めての経験となるのではないでしょうか。その際、ネットショップ運営にまつわる悩み事は限りなく出てくるでしょう。

楽天市場では全出店店舗に専任のECコンサルタントがつきます。
楽天市場のECコンサルタントは楽天市場でしっかり通販に関する研修を受けた方達なので、あなたが通販の初心者であれば、とても頼りになる存在となるでしょう。




店舗をどのように運営をして、どのように売り上げを上げていけばいいのか、どんどん相談していきましょう。

 
楽天市場の出店案内は無料で入手できます。
まだ出店を決めていない方も、他の出店方法と比較するための情報収集ですので、今すぐ申し込んでおきましょうね。ネットショップ出店案内【楽天市場】
詳細はこちら

【結論】楽天市場に出店するべき?

ここまで楽天市場出店に関してのお話しをしてきました。
ネットショップの出店は楽天市場に限らず色々な方法がありますが、果たして楽天市場に出店するべきなのでしょうか?

結論を先に言ってしまうとその答えはYESです。

ネットショップ運営でいつも困るのが集客ですが、楽天市場での集客力は絶大ですのでこれを利用しない手はないというのがその最大の理由です。

また楽天には、ECコンサルタントや電話サポート等、サポート体制が整っています。
ネットショップ運営時には様々な困難にぶつかるでしょうが、その際にこういったサポート体制があれば、困難を乗り越えるための大きな武器になるでしょう。

また楽天市場に出店すると言って1店舗限定にこだわる必要はなく将来的には多店舗展開を視野に入れてみてはどうでしょうか?
独自ショップや、amazon、yahoo!ショッピング等、様々なショップを複数店舗運営しているネットショップ店舗さんは少なくなく、店舗ごとに売り上げを確保していけば売上を2倍、3倍・・・と伸ばしていく事も可能です。

たくさんの困難はありますがネットショップの運営はとても楽しい物ですので、是非楽しみながら楽天市場の出店にチャレンジしてみてくださいね。



楽天市場の出店案内は無料で入手できます。
まだ出店を決めていない方も、他の出店方法と比較するための情報収集ですので、今すぐ申し込んでおきましょうね。ネットショップ出店案内【楽天市場】
詳細はこちら
「詳細はこちら」のリンク先のページで「資料請求」のところから先に進んでくださいね。