「ネットショップ運営しているけれど儲かってないよー。」ってそこのあなた。こんにちは。

ネットショップやったら儲かるぞーって一昔前は言われてたような気がしますが、最近は「ネットショップ儲からないぞ」の声が圧倒的多数。

儲からないなら撤退が商売の原則ですが、まぁ、ちょっと待ってくれ。

撤退するにしてもやるだけの事をやって、それでだめだったら諦めれば良いじゃないか。

やめる事はいつでもできるんだから。

とりあえずここでは、ネットショップが儲からないって人のために、ここ見直してみてってことを無責任にしゃべっちゃいます。

まぁ、良かったら参考にしろください。

そもそも、需要のない商品を売っている

欲しい人がいるから売れる、これ商売の鉄則です。

誰がこんなもの買うんだよっていう商品は、やっぱり売れません。

もしかしたらあなたは、そもそも需要のない商品売っていませんか?

対策1 場所を変えれば需要が出てくる場合もある

Aという場所で需要がなくても、販売場所が変われば需要が出てくる場合ってあります。

分かりやすい例で言えば、楽天に集まる消費者とamazonに集まる消費者って確実に違いがあります。
一方で需要がなくても、もう一方なら需要があるというケースは少なくありません。

対策2 潜在的な需要はあるが、まだ売れていない状況の場合

対策3 本当に需要のない商品だったら商品を変える